京都市の弁護士事務所「河原町五条法律事務所」ではネットトラブルに関するご相談(書込削除や発信者特定)、離婚に関するご相談(親権・DV)、債務整理、刑事弁護、企業顧問を受けています。夜間受付、お急ぎの事案にも可能な限り対応いたします。河原町通り沿いで法律事務所をお探しなら、五条大橋近くの当法律事務所へご相談ください。

弁護士法人河原町五条法律事務所

kawaramachi-gojou law office

お気軽にお問い合わせください

075-365-5555

お問い合わせフォーム

[受付]平日10:00〜19:00( 土日祝日夜間のご相談は事前にご連絡ください )

HOME > インフォメーション

緊急事態宣言に伴う当事務所の対応について

平素より当事務所をご利用いただき,ありがとうございます。

今回の緊急事態宣言に伴い,改めて,新型コロナウイルスに関連した感染症について,お客様と所員の安心安全確保の観点から当事務所では下記の対応を行っております。

ご理解,ご協力をよろしくお願いいたします。

 

第一,執務方針のお知らせ

1.訪問の自粛

感染症拡大予防のため,被後見人等のお客様の入所先施設や顧問先のお客様の会社への出張は中止し,遠方への出張を伴う御依頼の受任は原則として中止しています。

 

2.営業時間

時差通勤の観点から,営業時間は11時から18時と致します。

 

3.今後について

今後の新型コロナウイルスの感染状況及び国や自治体からの要請により,営業時間の再度変更,在宅勤務に移行することがあります。

 

 

第二,お客様へのお願い

1.咳やくしゃみ等の症状がある場合,咳エチケットにご協力ください。

また,体調に不安がある場合等はご連絡いただけましたら,オンラインや電話での相談等,柔軟に対応いたします。無理をなさらないようお願いいたします。

 

2.ご来所される場合には,マスクを御着用いただき,ご自身での感染予防対策をよろしくお願いいたします。また,入口付近に消毒用アルコールを設置しておりますので適宜ご利用下さい。

 

 

現在,京都におきましては,今回の緊急事態宣言に伴う,訴訟等に関して延期するとの連絡は入っておりません。また,訴訟等の延期等連絡が入りましたら,該当するお客様にご連絡させていただきます。

よろしくお願いいたします。

カテゴリ:お知らせ

年末年始の営業日、時間について

2020年もあとわずかになりました。
今年も弁護士法人河原町五条法律事務所をご利用いただきまして誠にありがとうございました。

また、新型コロナウイルス感染対策にもご協力していただきありがとうございます。

来年もこれまで以上に皆様のお役にたてるように頑張ってまいります。

 

さて、当事務所の年末年始の休業期間についてご案内させていただきます。

誠に勝手ながら当事務所は
2020年12月29日(火曜日)から2021年1月3日(日曜日)
まで業務をお休みいたします。

ご不便をおかけいたしますがご了承くださいませ。
2021年1月4日(月曜日) 朝11時から通常どおり業務をいたします。
上記の休業期間中につきましては、当事務所のホームページにある「お問合せフォーム」をご利用ください。
(お返事が通常時より遅くなる場合がございます。ご了承ください)
来年も弁護士法人河原町五条法律事務所をよろしくお願いいたします。

カテゴリ:お知らせ

営業時間変更等のお知らせ 【新型コロナウイルス関連】

平素より当事務所をご利用いただき、ありがとうございます。
新型コロナウイルスに関連した感染症について、お客様と所員の安心安全確保の観点から当事務所では下記の対応を継続して行っております。

引き続き、ご理解、ご協力をよろしくお願いいたします。

1.営業時間
 当面の間,対面・非対面を問わず,夜間の法律相談受付を原則、停止いたします。
 また,現行10時から19時の営業時間を当面の間、11時から18時に変更いたします。

 

2.業務について

 事務員がマスク着用で業務を行っている場合がございます。

 ご理解いただきますようお願いいたします。

 

3.今後について
 今後の新型コロナウイルスの感染状況及び自治体からの要請により,営業時間の再度変更,在宅勤務による執務に移行することがあります。


4.お客様へお願い
(1)咳やくしゃみ等の症状がある場合、咳エチケットにご協力ください。
また、体調に不安がある場合等はご連絡いただけましたら柔軟に対応いたします。無理をなさらないようお願いいたします。
(2)ご来所される場合には、マスクをお持ちの方は着用いただき、ご自身での感染予防対策をよろしくお願いいたします。また、入口付近に消毒用アルコールを設置しておりますので適宜ご利用下さい。

カテゴリ:お知らせ

新型コロナウイルス感染症等に関する当事務所の対応について

平素より当事務所をご利用いただき,ありがとうございます。

新型コロナウイルスに関連した感染症について,お客様と所員の安心安全確保の観点から当事務所では下記の対応を行っております。

ご理解,ご協力をよろしくお願いいたします。

 

1.非対面での相談・会議実施の推奨

相談希望のお客様及び既に御依頼頂いているお客様とのやりとりにつきまして,可能な限り電話やウェブ会議等の非対面でのやりとりをお願いしております。これに伴い,相談料は前払いとさせて頂きます。

具体的な御依頼方法については,お電話にてお問合せ下さい。

 

2.感染症拡大予防のため,被後見人等のお客様の入所先施設や顧問先のお客様の会社への出張は中止し,遠方への出張を伴う御依頼の受任は原則として中止しています。

 

3.営業時間

当面の間,対面・非対面を問わず,夜間の法律相談受付を停止いたします。

また,現行10時から19時の営業時間を11時から18時に変更いたします。

 

4.今後について

今後の新型コロナウイルスの感染状況及び自治体からの要請により,営業時間の再度変更,在宅勤務による執務に移行することがあります。

 

5.お客様へお願い

(1)咳やくしゃみ等の症状がある場合,咳エチケットにご協力ください。

また,体調に不安がある場合等はご連絡いただけましたら柔軟に対応いたします。無理をなさらないようお願いいたします。

(2)やむをえず来所される場合には,マスクをお持ちの方は着用いただき,ご自身での感染予防対策をよろしくお願いいたします。また,入口付近に消毒用アルコールを設置しておりますので適宜ご利用下さい。

 

 

カテゴリ:お知らせ

年末年始の営業日・時間について

2019年もあとわずかになりました。
今年も弁護士法人河原町五条法律事務所をご利用いただきまして誠にありがとうございました。

インターネット問題で多くのお悩みを伺い、解決出来たことをうれしく思うとともに、来年はこれまで以上に皆様のお役にたてるように頑張ってまいります。

 

さて、当事務所の年末年始の休業期間についてご案内させていただきます。

誠に勝手ながら当事務所は
2019年12月28日(土曜日)から2020年1月6日(月曜日)
まで業務をお休みいたします。

ご不便をおかけいたしますがご了承くださいませ。
2020年1月6日(月曜日) 朝10時から通常どおり業務をいたします。
上記の休業期間中につきましては、当事務所のホームページにある「お問合せフォーム」をご利用ください。
(お返事が通常時より遅くなる場合がございます。ご了承ください)
来年も弁護士法人河原町五条法律事務所をよろしくお願いいたします。

カテゴリ:お知らせ

夏季休業について

河原町五条法律事務所のHPにお越しいただきありがとうございます。
当事務所は夏季休業といたしまして8月10日(土曜日)から同8月15日(木曜日)まで
業務をお休みさせていただきます。
お問い合わせフォームからのお問い合わせ及び弁護士ドットコムからのお問い合わせ,

IT弁護士ナビからのお問い合わせにつきましては夏季休業中も通常通り受け付けております。
急な相談予約及びご相談に関しましては当ホームページのお問い合わせフォームをご利用くださいますようお願い申し上げます。
(夏季休業中につき,通常よりお返事にお時間をいただくことをご了承ください)

カテゴリ:お知らせ

GW期間中の営業について

いつも河原町五条法律事務所をご利用いただきまして誠にありがとうございます。
さて,当事務所のゴールデンウイーク期間の業務についてご案内させていただきます。
誠に勝手ながら当事務所は 2019年4月27日(土曜日)から2017年5月6日(月曜日)
まで業務をお休みさせていただきます。
2019年5月7日(火曜日) 朝10時00分から通常どおり業務をいたします。
休業期間中のご相談予約等,当事務所に御用のある方は,当事務所のホームページにある
「お問合せフォーム」をご利用ください。
(お返事が通常時より遅くなる場合がございます。ご了承ください)
今後も河原町五条法律事務所をよろしくお願いいたします。

カテゴリ:お知らせ

年末年始の営業について

2018年もあとわずかになりました。
今年も京阪沿線のご依頼者様を中心として弁護士法人河原町五条法律事務所をご利用いただきまして誠にありがとうございました。さて、当事務所の年末年始の休業期間についてご案内させていただきます。

 

誠に勝手ながら当事務所は
 2018年12月28日(金曜日)から2019年1月6日(日曜日)
まで業務をお休み致します。

 

ご不便をおかけいたしますがご了承くださいませ。
2019年1月7日(月曜日) 朝10時から通常どおり業務をいたします。
上記の休業期間中につきましては、当事務所のホームページにある「お問合せフォーム」をご利用ください。
(お返事が通常時より遅くなる場合がございます。ご了承ください)
 来年も弁護士法人河原町五条法律事務所をよろしくお願いいたします。

カテゴリ:お知らせ

【コラム】発信者情報開示請求の牽制効果

 インターネット上の匿名掲示板等で,誹謗中傷やプライバシー侵害の被害を受けた場合,書き込みを行なった人物を特定するためには発信者情報開示請求(以下,ここでは,「開示請求」といいます)という制度があります。

 この開示請求が認められると,最終的には,発信者を特定できるという法的な効果が得られます。法律上の効果というわけではありませんが,実は他にも,開示請求を行なうことにより,得られる事実上の効果があります。それが今から述べるような牽制効果です。

 

 開示請求を行なうと,加害者側が書き込みに使った携帯電話の契約会社などから,加害者に対して,「あなたの契約している端末から違法な書き込みがされたとの申し出がありました。被害者にあなたの氏名住所等を教えてよいですか」といった内容の意見照会がなされます。これは,プロバイダ責任制限法4条2項に基づいて行なわれます。

 そして,この意見照会には,問題とされている書き込みがなぜ違法なのかという説明がされた書類が添付されており,その書類の作成者も書かれています。弁護士に開示請求を依頼した場合,その添付されている書類の作成者として弁護士名が表示されています。

 加害者が,これを受取った場合にどう思うかと言うと,多くの場合,「自分が書き込みした内容は違法で,もしかして訴えられるんじゃないか。同じような嫌がらせの書き込みは止めておこう」となります。法律上の効果ではありませんが,牽制という事実上の効果が得られるわけです。

 私が依頼を受けて事件処理したことがあるという,少し限定された範囲ではありますが,経験上,複数人物から嫌がらせの書き込みをされているように見えても,実は特定の人物が何度も書き込みをしているというケースのほうが多かったりします。

 その場合,その特定の人物に対して上記の様な意見照会がなされると,最終的に誰が書き込んだかが判明する前に,嫌がらせの書き込みが止まるという牽制の効果が得られます。

なぜ,発信者情報開示請求を行なうかというと,慰謝料請求を行いたいからという場合や,嫌がらせを止めたいからという場合が大半です(中には告訴したい(刑事罰を受けてもらいたい)という場合もありますが)。

 

 実は訴訟をして最終的な「発信者情報の開示」という段階まで至らなくとも嫌がらせが止まることも多いのです。

カテゴリ:未分類

【コラム】入庁証

 京都府警察の全ての留置施設で,接見申し込み時に弁護人等に入庁証が渡されることになったようです。

 入庁証を在庁中に首から提げること,接見終了時に返還をすること,その際に接見終了の声がけをして欲しいとの協力要請が府警本部から京都弁護士会宛にありました。

 メインの目的は,接見終了時に声がけをして欲しいという点だと思います。

 今までは,平日17時以降の接見申し込みの際,入庁証が渡される警察署と渡されない警察署がありましたが(平日9時から17時の間では,ほとんどの警察署で渡されていなかったように思います(違ってたらすみません)),上記の様な扱いになったようです。

 富田林警察の逃亡事件では,弁護人が接見終了の声がけをしておらず,接見室内の被告人が居なくなったことに警察官が気付くまで時間がかかってしまったとのことですから,これを受けての運用だと思います。

 私は,接見終了時には声掛けをするようにしていましたので,あまり手間に変わりはないですが,警察官の方にとっては手間が1つ増えてしまったように思います。

カテゴリ:コラム

ページ先頭へもどる